TOUCH-PANEL
タッチパネル方式・タイプ

タッチパネルの種類はたくさんの種類があります。それぞれの特徴を考慮し、様々な分野・用途で使われています。特に最近ではスマートフォンの登場により、最も普及しているのが投影型静電容量方式です。DMCでは、主に投影型静電容量方式とアナログ抵抗膜方式のタッチパネルをご提供しています。

TYPES & FEATURES

タッチパネル方式の種類と特徴

  • 抵抗膜方式タッチパネル


    産業用途において、長期にわたり主流となっている抵抗膜方式。原理や構造から方式・タイプをご紹介しています。

  • 抵抗膜方式
    タッチパネル
    特長
  • 抵抗膜方式
    タッチパネル
    検出原理
  • 抵抗膜方式
    タッチパネル
    構造
  • 抵抗膜方式
    タッチパネル
    製品
  • 静電容量方式タッチパネル


    現在、もっとも主流となっている静電容量タッチパネル。原理や構造から方式・タイプを紹介しています。

  • 静電容量方式
    タッチパネル
    特長
  • 静電容量方式
    タッチパネル
    検出原理
  • 静電容量方式
    タッチパネル
    構造
  • 静電容量方式
    タッチパネル
    製品
抵抗膜方式と投影型静電容量方式の比較
  投影型静電容量方式 抵抗膜方式
動作原理
  • パネルにはマトリックス状に電極が形成
  • 指が近づくと指と電極の間の静電容量が変化
  • 縦横のどの電極間で静電容量増加が変化しているかを調べることでタッチ位置を検出
  • 電極を有する上部基板と下部基板がギャップを介して対向
  • タッチにより上部基板が押下され下部基板と接触
  • 接触時の電圧の変化を測定することでタッチ位置を検出
長所
  • 耐久性が高い
  • 透過率が高い
  • マルチタッチジェスチャー ○
  • カバーガラスでデザイン性向上
  • カバーガラスで堅牢性向上
  • フラットサーフェイスデザイン ○
  • 入力媒体を選ばない
  • コストパフォーマンスが高い
  • 電気的ノイズの影響を受けにくい
短所
  • 周辺ノイズの影響が誤動作の原因になる
  • 抵抗膜よりもコストが高い
  • 静電容量方式に比べ耐久性が劣る
  • 入力に押し厚が必要
主な用途 携帯電話/タブレットPC/カーナビ/自動販売機/キオスク端末/医療機器/産業機器/オフィス機器/デジタルサイネージ/電子黒板/アーケードゲーム 産業機器/POS端末/キオスク端末/携帯端末/医療機器/金融端末/自動精算機/ATM/券売機
対応サイズ 4.3~55inch 3.8~21.5inch
マルチタッチ
キャンペーン実施中!
  • 軽荷重抵抗膜
    ジェスチャタッチパネル
    無料お試し
  • 抗ウイルス抗菌フィルム
    初期費用¥0