タッチパネル専門メーカーの株式会社ディ・エム・シー

TOUCH-SCREEN|
METHOD & TYPE

方式・タイプ|タッチパネル

投影型静電容量
タッチパネル


一般的にスマートフォンやタブレット端末等に搭載されているタイプで「投影型静電容量方式」と呼ばれるタッチパネルです。スマートフォンユーザーにはなじみのある軽い操作感や、フリック(払い)操作によるページ送り、拡大・縮小・回転といった操作が、中~大型の産業用途においても可能です。正確な多点検出(マルチタッチ)を可能にし、1点押しに比べ、操作の幅が広がります。その他、耐久性、堅牢性、見栄え、デザイン性等のあらゆる面で高い性能を有し、現在最も人気の高いタッチパネル方式です。

FEATURES

特長

  • 動作原理

    電極がマトリクス状に形成してあり、隣り合う電極同士は容量結合をしています。指などの導電性物質が電極に近づくと、指と電極間に容量結合が発生、電極間同士の容量結合値が変化したところを、タッチ位置として検出しています。

    採用モデル
    DUS DUS-L DUS-U DUS-P/K
  • ガラス/ガラスタイプ(特長)

    ガラスを2層に重ねた構造で、電極にはITOを採用した静電容量方式タッチパネル。ガラスなので、透過性が高くクリアな視認性を確保しています。さらに耐久性や対候性に優れているので、長期間の使用用途に最適です。

    採用モデル
    DUS DUS-L DUS-U
  • ガラス/ガラスタイプ(構造断面図)

    透明電極はセンサー内部に格納される構造となっています。指が近づくと硝子やプラスチック等の透明基板を介して電極との容量結合が発生します。コントローラが各電極をスキャンし、容量値の変化を検出しています。

    採用モデル
    DUS DUS-L DUS-U
  • ガラス/ガラスタイプ(構造立体図)

    ガラスの一方にX電極、もう一方Y電極がコーティングされてあり、それぞれの電極が向かい合うように、ガラスが貼り合わせてあります。ガラスを完全に密着させる事で、透過性が高くクリアな視認性を確保し、合わせガラスによる高い堅牢性を実現。

    採用モデル
    DUS DUS-L DUS-U

PROJECTED
CAPACITIVE TYPE

投影型静電容量方式

DUS|スタンダードモデル

投影型静電容量方式タッチパネルシリーズの汎用モデル。
5.7インチ~32インチまでの幅広いラインナップで様々な用途でご利用できます。
オリジナルコントローラ採用で「タッチパネルとコントローラの総合的なサポート」が可能
静電容量方式 投影型 マルチタッチ ITOタイプ ガラス2層構造 手袋操作可 小型 中型 大型

DUS-U|
インデックスマッチングモデル

投影型静電容量方式タッチパネルシリーズのインデックスマッチングモデル。
タッチセンサに、インデックスマッチング処理を施し、電極パターンを見えにくくしています。
7インチ~21.5インチで投影型静容量タッチパネルをラインナップ。
静電容量方式 投影型 マルチタッチ ITOタイプ ガラス2層構造 手袋操作可 インデックスマッチング 小型 中型

DUS-Lシリーズ|
カバーレンズモデル

投影型静電容量方式タッチパネルシリーズのカバーレンズ付モデル。
ご要望の多いタッチパネルサイズ、カバーレンズの厚みで標準化。ケミカル強化を採用、高い堅牢性を実現。
タッチセンサは、インデックスマッチング処理を施し、電極パターンを見えにくくしています。
7インチ~21.5インチで投影型静容量タッチパネルをラインナップ。
その他カバーレンズ仕様:厚さ1.8mm/表面処理:クリア
静電容量方式 投影型 マルチタッチ ITOタイプ ガラス3層構造 手袋操作可 インデックスマッチング カバーレンズ 強化ガラス 小型 中型

セミカスタマイズ/
カスタマイズ


POINT|ポイント

DMCが提供するタッチパネルは、用途に応じた組み合わせとデザインで、お客様仕様の製品としてご提供することが可能です。量産時はもちろん、小ロットでの対応もお任せください。企画・開発段階で完成品イメージをご確認いただくことができます。

  • ご使用環境に合わせて提案

    アナログ/デジタル抵抗膜シングルタッチ/マルチタッチと静電容量方式をご用意。用途/環境/使い方に応じた製品を最適な形でご提案致します。

  • 選べるカバー/表面加工

    素材は強化ガラス、厚板ガラス・アクリルなどをご用意し、表面加工にはクリア・アンチグレア・防指紋などを施すことが可能です。

  • 選べるデザイン/カラー

    装置の顔となる表面部分には、製品にマッチするようにカラーリングや意匠デザインなど、お客様仕様に合わせて自由にデザインできます。

  • 選べる豊富なサイズ

    標準品にご用意のないサイズでも、カスタマイズ作成のご相談を承ります。業種業態・環境に合わせたタイプのサイズカスタマイズができます。

ファームウェア
カスタマイズ

POINT|ポイント
DMCはコントローラを自社開発しているため、お客様のご要望や、ご使用環境にあったコントローラFWのカスタマイズが可能です。ノイズの強い環境ではノイズフィルターの追加、複数人数で使用する場合はタッチ点数の追加、手袋で使用できるようにするための感度調整、スタイラスペンで使用する場合はパームリジェクション機能の追加、水がパネルに付着する環境では、水による誤動作防止機能の追加など、様々なFWカスタマイズを提供しています。
  • ノイズフィルター機能

    静電容量タッチパネルは、パネル上の容量結合の変化を検出する為、周辺環境ノイズの影響を受けます。DMCは、工場等のノイズが多い環境でも、ご使用のノイズ環境に併せて、FWノイズフィルター調整のサービスを提供しています。

  • タッチ点数調整

    1点タッチでの使用、2本指での拡大/縮小、回転操作、複数人数の同時操作など、最大10点迄のマルチタッチに対応。フリック、拡大・縮小等のジェスチャー操作ができます。ご使用用途に合った、タッチ点数の設定を行います。

  • 手袋対応感度調整

    DMCは、お客様のご要望に合わせたカバーレンズの厚みや素材などの特性や仕様によって環境に最適な感度調整を行っています。また感度調整を行うことで、手袋をはめたままでもタッチ操作をすることができるようになります。

  • パームリジェクション機能

    静電ペンでペン書き操作をしたい場合には、パームリジェクション機能を追加する事で、手がパネル上に着いた状態で、ペン書き操作が可能となります。

カバーレンズ

POINT|ポイント
静電容量タッチパネルは、清潔感・光透過率が高く、視認性に優れ、高画質な表示ができることから、商業利用から産業機器への利用など不特定多数が触れる環境や、外光や粉塵・衝撃、水にさらされる現場などで、より高い耐環境性能が求められる傾向があります。そのような環境下で、タッチパネル表面の傷・汚れによる見栄えの劣化や、対候性や清掃性、清潔性を高めるにはカバーレンズのご利用がおすすめです。
  • 堅牢性の向上

    5mmなどの厚いガラスや強化ガラスを採用することで、外的暴力に対する強度の高いタッチパネルをご提供できます。

  • フラットサーフェス

    カバーレンズを付ければ、ベゼル部の段差がなくなり画面の隅までしっかりとタッチすることができます。

  • フラットサーフェス - 構造

    ケーシングの中に液晶、液晶とタッチパネルの間にギャップを作り、カバーレンズで覆う構造となります。

  • 汚れにくく、手入れが簡単

    水分・油分を弾き汚れのしみこみもありません。汚れたらさっと拭くだけ。お手入れも簡単です。

  • シルク印刷ができる

    色々な形状に色を印刷する事ができます。お客様の製品カラーに合わせた配色を行うことができます。

  • 06多色印刷ができる

    シルク印刷に加えて、もちろん多色印刷も可能です。複雑な表現を用いた絵柄やロゴも表現できます。


MATERIAL|素材
  • 01アクリル

    ガラス以上の透明度で、切断や穴あけ加工ができます。ガラス半分の軽さで、割れに対する耐性も高く柔軟性もあります。

  • 02ガラス

    低価格で且つ傷に強く、一定以上の耐久性に優れています。ガラスは5mm厚までを貼りつけることが可能です。

  • 03強化ガラス

    普通のガラスと比べても「3~5倍」の強度を持ちます。ガラスよりも傷に強く、他の素材の中でもっとも高い耐久性です。

フィルム

POINT|ポイント
静電容量タッチパネルは、その材質や特性、使われ方から、産業機器用途や商業用途にて外気や外光下において、長期にわたり使用されることが多く、また不特定多数の使用においても乱雑に操作されることもあります。そのような環境下で、タッチパネル表面の傷・汚れによる見栄えの劣化を防ぐには、タッチパネル用保護フィルムがおすすめです。
  • アンチリフレクションフィルム

    蛍光灯や太陽光による画面の反射を低減させるフィルムです。 室内照明の強い場所や、半屋外等の外光が入り込む場所での、画面視認性向上に最適です。反射防止フィルムには、光の位相を逆転させるコーティングを施しており、反射光と、干渉し合う反対波が互いに打ち消し合うことで、反射を低減させることができます。

  • 防指紋フィルム

    主に指で入力されるタッチパネルでは、指紋の付着による視認性や見栄えの低下が懸念されます。防指紋フィルムのオプションを使用することで、タッチパネル上の指紋が目立ちにくく、またふき取りやすくなります。手油などが付きやすい生産設備環境や、食品産業等、見栄えを清潔に保つことが必要な病院やレストランに最適です。

  • のぞき見防止フィルム

    ATM等の金銭を取り扱う端末やセキュリティー端末等の個人情報を取り扱う端末や、パスワードを入力する端末は、プライバシー保護の対策として左右からの覗き見をブロックできる、覗き見防止フィルムが最適です。周囲に人がいても安心してパスワードを入力できるように、覗き見防止フィルムが使われています。

  • 抗菌フィルム

    表面にウィルスや細菌の増殖(カビを含まない)を抑制する機能を有したフィルム。生肉/生魚を取り扱う食品加工工場や、病院・飲食店等の清潔さが求められる環境に設置する端末に有効です。表面硬度、スチールウール擦傷性に優れ、光触媒方式や抗菌材を練りこんだタイプのように、使用環境を選んだり、面内で抗菌効果がばらつくことがありません。

ハードコーティング

POINT|ポイント
タッチパネルの多くは表面処理を行うことで現場の特性などの環境用途に合わせた使い方ができます。特に外部使用による太陽光の反射や、不特定多数で使うことによる 指紋のつきやすさ、感染が許されない医療現場での使用など、ミスが許されない現場で使用するためのカスタマイズができます。
  • アンチグレアハードコート

    蛍光灯や太陽光による画面反射を拡散・低減させます。 室内照明の強い場所や、半屋外等の外光が入り込む場所での、画面視認性向上に最適。 タッチパネルやカバーレンズにコート剤で、表面に凹凸をつける事で、蛍光灯や太陽光による画面の反射を拡散させ、眩しさや映り込みを低減させています。

タッチパネルと液晶の貼り合わせに
お困りではありませんか?


POINT|ポイント
液晶とタッチパネルの貼り合わせは専門的なノウハウと設備が必要です。ディ・エム・シーのタッチパネルをご購入・お使いのお客様に対して、すでにお持ちの液晶や、ご用意を承った液晶にタッチパネルとの貼り合わせサービスを行っています。
  • タッチパネルを液晶セットで

    LCD/タッチパネル/コントローラをセットでご提供や、LCD/タッチパネルの貼り合わせのみ等のセミカスタマイズも対応。 工場一貫生産で高品位なタッチパネル付LCDモジュールとしてご提供できます。

  • 選べる液晶

    既成の製品にこだわらずに、お客様で好きな液晶メーカー、液晶サイズ小型から大型まで、弊社タッチパネル製品貼り合わせのご相談に乗ります。お客様の方で液晶をご準備頂くことも可能です。

AIR BONDING|エアボンディング

  • エアボンディングとは?

    液晶にクリアパネルやタッチパネルを装着すると、液晶モジュールとの間にわずかな隙間が空きます。 エアボンディングは、隙間をそのままに液晶とタッチパネルを両面テープで貼り合わせる技術です。

  • 導入のしやすさ

    液晶とタッチパネルを両面テープで止めただけのスタンダードな貼り付けで、導入がしやすいのが特長ですが、 貼り合わせには抗菌処理や埃・ゴミを防ぐためにクリーンルームでの作業が必要となります。

  • コストパフォーマンス

    液晶とタッチパネルとの両面テープによる貼り合わせを、装置を使って行うだけなので、コストパフォーマンスに優れています。 小ロットなら装置を使わなくてもクリーンルームでの作業が可能です。

OPTICAL BONDING|
オプティカルボンディング

注意事項
※オプティカルボンディングは現在開発中のソリューションのため、内容は告知なく変更される可能性がございます。採用をご検討いただく場合は、弊社営業までお問い合わせください。
  • オプティカルボンディングとは?

    オプティカルボンディングとは、映像表示部分の液晶モジュールとタッチパネル、もしくはクリアパネルとのわずかな隙間を「樹脂素材(光学弾性樹脂)」で埋めて貼り合せる技術です。

  • くっきりとした表示

    液晶モジュールとクリアパネルを貼り合せることで光の屈折率を最小限に抑え、視認性に優れる表示画像を維持します。 高輝度な表示が求められる画像確認用途や、雑然とした場所や明るい場所での情報表示に最適です。

  • 映り込みを抑制

    液晶/クリアパネルを樹脂で貼合せる事で、空気層やパネルを透過する際に発生する反射光の屈折が抑え、画面の 映り込みを抑制できます。太陽光の影響を受ける半屋外サイネージや明るい光源を用いる病院手術室に最適。

  • 耐久性を向上

    空気層に光学弾性樹脂を流し込むことで表示面の物理的な強度が向上。液晶とパネルの間に隙間がないため、 埃や水分等の異物侵入によるダメージも防ぐことができます。公共施設等で不特定多数が使用する機器やFA用途等に最適。

  • 結露を防止

    寒暖差の激しい環境等では液晶とパネルの隙間にある水蒸気が結露する場合がありますが、結露の原因となる隙間の空気層を 樹脂で埋める為、結露による視認性低下がありません。輸送・旅客機や倉庫・試験室など気圧の変化が多い場所での使用に最適。

  • 入力精度が向上

    タッチパネルの厚みで画像表示と実際のタッチポイントで視差が生じ、ペン入力時等、タッチ入力がずれる場合があります。 タッチポイントと画像を視認できるポイントが一致しやすくなる為、視差による違和感が少ない自然なタッチ入力が行えます。

ご採用の流れ


抵抗膜方式タッチパネルは、汎用性が高く、比較的容易に導入が可能です。一方、投影型静電容量タッチパネルは、パネルサイズ、カバーガラスの厚みや材質等の要求仕様によって、 コントローラボードのチューニング(調整)が必要な製品です。その為に、採用をご検討される場合には、 あらかじめ仕様の打ち合わせをさせていただき、タッチパネルと専用コントローラをご提供いたします。

  • STEP1
    お問い合わせ

    まずはお問合せください。お問い合わせはこちら

  • STEP2
    ヒアリング

    お客様の実現したい事や思いをお聞かせください

  • STEP3
    ご提案

    お客様のご要望に叶った、最適な提案を行います

  • STEP4
    お見積り

    ご提案に問題なければ、見積りをさせて頂きます

  • STEP5
    ご契約

    見積りに問題がなければ、ご契約成立となります

  • STEP6
    納品

    制作/評価/調整/量産を経て納品となります

DMCのサポート体制


  • 開発サポート
    製品開発
    • 営業マンにエンジニアが同行
    • 仕様決定段階から開発サポート
    • 仕様/コスト/入手性等を考慮
  • 開発サポート
    試作品開発
    • 試作品の問題点を一緒に検証。
    • ご相談しながら仕様修正や改善
    • 最適なタッチパネルを提案
  • 供給サポート
    長期安定供給
    • 供給期間サポートは必要不可欠
    • 日本産業市場50%シェア獲得
    • 10年以上供給サポート実績あり
  • 供給サポート
    小ロット対応
    • 1台から販売可能なLINE UP
    • 幅広いサイズと方式をご提供
    • カスタム年間1,000台程度から
PAGE MENU