METHOD-TYPE
抵抗膜方式タッチパネルの構造
STRUCTURE

抵抗膜方式タッチパネルの物理構造

抵抗膜方式タッチパネルの構造は、空気層を介した上層と下層からなる構造で主にPETフィルムやガラスが用いられます。これら素材の両層間の内側に透明導電性物質(ITO:Indium Tin Oxide/酸化インジウムスズ)がコーティングされており、中間部に絶縁ドットを配して隔離させることで、圧力で接した部分のみを読み取ることができます。

フィルム/ガラス構造

上部電極にフィルム、下部電極にガラスを用いた構造のタッチパネルです。上部フィルムが 物理的に押され、下部ガラスに触れることでタッチを検出するため、指だけでなく、ペンや手袋でも入力が可能です。


ガラス/ガラス構造

上部、下部電極共にガラスを用いた構造のタッチパネルです。上部ガラスが物理的に押され、下部ガラスに触れることでタッチを検出するため、指だけでなく、ペンや手袋でも入力が可能です。