タッチパネルに関する電話でのご相談・お問い合わせ メールでのお問い合わせ

デジタルマトリックス抵抗膜方式の構造・検出原理

基本構造

デジタルマトリックス抵抗膜方式タッチパネルは、透明導電膜(ITO)が設けられた素材(主にフィルムやガラス)を透明導電膜間が向い合う方向に貼り合わせた2層構造です。
指或いはペンで押した時透明導電膜同士が接触することによって、タッチパネル入力が行われます。
この上下導電膜間には、ドットスペーサーと呼ばれる絶縁体があり、未入力時の上下導電膜のショートを防止しています。

検出原理

上部基板と下部基板それぞれに透明電極が短冊状に形成されており、これらの電極が直交するように向かい合っています。

上部基板フィルムがタッチによりたわむと、上下電極が交差した部分で導通するので、その部分をタッチ位置として検出します。