タッチパネル専門メーカーの株式会社ディ・エム・シー

SUSTAINABILITY|TOP

トップ|サステナビリティ

きめ細やかな対応と技術力を持ってチャレンジを続け、
皆様の明日を支える強い企業を目指します。


ディ・エムシーは、人とITをタッチでつなぐ魅力的な製品づくりで、装置と人の豊かな未来を支えていきます。

PRESIDENT MESSAGE

社会の動きやニーズを俊敏にとらえた
付加価値の高い事業活動を通じて、
持続可能な社会の実現に貢献していきます。

代表取締役社長 定 達也
タッチパネルの無限の可能性を形に

 ディ・エム・シーが手掛けるタッチパネルは、工場などの産業現場から街中のデジタルサイネージなど暮らしに密着したさまざまなシーンで使用され、皆さまの安全かつ豊かで便利な生活を支えてまいりました。特に近年は労働人口の減少やインバウンド対応など、社会課題を解決するIoT普及を背景に、インターフェイスとして欠かすことができないタッチパネルの重要度はますます高まっています。

 私たちは、多様化する社会のニーズを俊敏に捉えると同時に、タッチパネルが持つ無限の可能性を形にする事で、さまざまなソリューションの創出に取り組んでいます。創業以来貫いている、お客さまニーズへのきめ細やかな対応を可能にする多品種少量生産、そして長期安定供給第一というビジネスモデルは大きな強みであり、当社が変化の著しい国内の産業機器市場でトップランナーとしての地位を保ち続けられている理由でもあると考えています。

グローバル展開の展望

当社は国内にとどまらず、ヨーロッパやアジアを中心としたワールドワイドな市場においても長くタッチパネルビジネスを展開しています。2018年は海外からの受注鈍化の流れを受け、より効果的かつ戦略的な海外進出の施策を打ち出しました。これまで海外に関しては、欧州各国のディストリビューターやアジアの日系企業を中心に製品を提供していました。今後は現地の市場動向やニーズに対するアンテナの感度を上げ、事業拡大を図るべく、現地への営業所設置、現地のディストリビューターを介した販路拡大を推し進める方針です。

 2019年1月には、イタリア支店を開設しており、また、北米エリアについては、人員の強化を図り、お客さまとの密なコミュニケーションを実現し、さまざまなご要望に応えることができるよう尽力していきます。加えて、アジア圏の営業活動も強化したいと考えています。2019年のはじめ、アジア諸国を訪問し現地のリアルな状況を目の当たりにしたところ、メイドインジャパン品質に対する信頼性はいまだ高く、当社タッチパネルの現地需要の可能性を肌で感じました。このように市場環境をしっかり捉えつつ、注力すべき地域とタイミングを見極め、積極的に海外市場の獲得を目指していきます。

社会のために自ら思考し行動できる人材を育成

グローバル市場に付加価値の高い製品を持続的に提供するためには、人材育成も重要なテーマです。企業理念で掲げているように、「人々の幸福」や「地域・社会の進歩発展に貢献」することができるよう、従業員一人ひとりの意識変革が急務と考えています。目の前の業務を正確に行うだけではなく、よりよい製品をお客様やエンドユーザーにお届けするために何ができるかを自ら思考し行動できる人材こそが、企業理念を体現し、新たな価値を生み出すことができるでしょう。

当社の生産拠点である福島の白河工場とインドネシア工場は国境をまたぎ、使用言語から考え方、宗教、文化等を異にしています。この両拠点がさまざまな違いを越えて、付加価値の高いタッチパネルの製造に足並みを揃えることができるよう、数年前から注力しています。自国以外の工場での業務経験、技術指導、両拠点の交流イベントなど、一つひとつは地道な取り組みではあるものの、それらの積み重ねにより、自分たちが手がけるプロダクトや職場環境に対する意識の変化が見られるようになりました。高みを目指すための議論が活性化し、新たなソリューションの創出の可能性を感じています。引き続き、意識変革を伴う人材育成に努め、企業としても成長し続けていきます。

新工場竣工を契機としたCSR活動のさらなる飛躍

当社のCSRへの取り組みは社会から要請に応える形でスタートし、2019年で4年目を迎えました。CSR中長期方針を主軸としたPDCAをまわし推進を図ってきたCSR活動ですが、方針や体制の枠組がおぼろげながら見えてきた初期の段階と認識しています。 次なるステップは、従業員にCSR意識が浸透し、日々の事業活動がSDGs(持続可能な開発目標)や社会・環境に配慮した行動に結びつけていくことです。2019年10月には、生産性向上と環境負荷低減を実現する新白河工場が竣工します。これを契機に、CSR活動の推進にも拍車をかけ、当社がタッチパネルメーカーとしての社会的責任を果たすべく全社で取り組んでいきます。

  • CSRレポート

    信頼に技術で応えるタッチパネル専業メーカーとして、地域・社会の進歩発展に貢献します。

  • 経営とCSR

    社会/地球環境/従業員にとって、より良い企業になるよう持続可能で健全な経営努力を続けています。

  • 製品の安心と安全

    高品質かつ安心/安全な製品をお客様や最終製品のエンドユーザーにご提供できるよう取組んでいます。

  • ガバナンス

    経営方針のもと、コーポレート・ガバナンスが有効に機能する環境としくみの構築に努めます。

  • 公正・公平な取引

    高品質の製品を提供する為に、世界各国の取引先と協力/信頼関係を築き、公正な取引を行っています。

  • 人権の尊重と労働慣行

    人権・個性を尊重し、安心/安全で快適な職場環境の整備を行い、適正な労働慣行維持に努めています。

  • 環境保全

    環境問題を企業として取り組む課題と認識し、事業活動で環境に配慮した取り組みを推進しています。

  • 地域社会への貢献

    いい社会づくりに向け、社会貢献や格差がない社会実現のための活動を実施しています。

  • GRIスタンダード対照表

    GRIサステナビリティ・レポーティング・スタンダードを参照、関連する情報掲載箇所を示しています。