タッチパネル専門メーカーの株式会社ディ・エム・シー

SUSTAINABILITY|FAIR TRADE

公正・公平な取引|サステナビリティ

持続可能なサプライチェーンマネジメント


当社は持続可能な社会を実現するために、世界各国の取引先と協力関係を築き、環境や社会に配慮したCSR調達に取り組んでいます。

CSR PROCUREMENT

CSR調達

当社グループは、環境や社会に配慮した原材料およびサービスの購入に努めることを定めた「調達方針」を制定しました。さらに、サプライチェーン全体における環境や社会に配慮するCSR調達を推進するために、「CSR調達ガイドライン」を策定し、サプライヤー企業の皆さまにも当社グループの考え方をご理解いただき、協働して持続可能な社会の実現に向けた取り組みを行っています。サプライヤー企業には、CSR調達に関するアンケートを実施し、取り組みの状況を管理しています。

管理体制・運用状況

調達活動は、生産管理課長を最高責任者とする調達グループが主管しています。 新たな取引の検討時は、「調達方針」に基づいた選定を行っています。1次評価では、当社グループが定めた評価・選定基準に基づき、各部門が技術力、信頼性、部材の有害物質の含有・性能を評価します。2次評価では、購買グループが統括して供給の安定性、価格およびCSR調達アンケート結果などを視点に評価を行い、取引先を決定します。継続先については、法令遵守、不具合発生時の対応、CSRの取り組み状況などさまざまな側面から、継続可否を判断しています。評価・選定基準は、適宜見直しを行い、その内容の社内周知を徹底することで、全社で常に適正な判断ができるような体制を整えています。

調達方針

ディー・エム・シーは、各国の法令、社会規範および企業倫理を遵守し、人権、地球環境、労働安全に配慮した社会的責任を果たす公正な調達活動に取り組み、協力・信頼関係を築きながら相互発展を目指していきます。

  • 法令・社会規範の遵守
    国内外の法令・社会的規範を遵守した調達活動を行います。
  • 経済的合理性に基づいた公平・公正な取引
    品質・信頼性・価格・納期・調達期間など経済的合理性を十分に評価し、公平・公正かつ透明な取引を行います。
  • 品質と安全性の確保
    お取引先さまとともに、品質と安全性の維持・向上に努め、価値のある製品の提供を目指します。
  • 人権尊重
    「人権方針」を踏まえ、人権を尊重した調達活動に取り組みます。
  • 環境保全
    製品の有害化学物質の含有量削減をした製品づくりに努め、環境保全に考慮した活動を行います。

CSR調達に関する
アンケートの実施

ディ・エム・シーは「調達方針」および「CSR調達ガイドライン」に基づき、サプライヤー企業の皆さまとともに環境や地域社会に配慮した調達に取り組んでいます。サプライヤー企業の皆さまのCSRに対する取り組み状況を把握し、サプライチェーン全体のCSR活動の推進につなげることを目的に、主要な取引先に対して、CSR調達に関するアンケートを行っています。アンケートは右の項目となっており、2018年のアンケート回収率は76%でした。今後もアンケート対象の拡大を図り、サプライヤー企業の皆さまと一緒に持続可能な社会の実現に向けて取り組んでいきます。

アンケート項目
1・労働
2・安全衛生
3・環境
4・倫理
5・マネジメントシステム
RESPONDING TO
CONFLICT
MINERALS

紛争鉱物への対応

基本方針


ディ・エム・シーは、紛争鉱物が武装勢力の資金源となり、人権侵害、環境破壊などを引き起こしているため、武装勢力が関与する紛争鉱物を使用しません。タッチパネル製品の原材料となる、すずや金などは、CFSI※などの紛争フリー製錬業者から調達するように努めます。もし、武装勢力が関与する紛争鉱物の使用が判明した場合は、迅速に是正策を講じます。

※ CFSI:紛争鉱物に関する国際イニシアチブ(conflict-free sourcing initiative)

管理体制・運用状況


タッチパネル製品を製造する上において、すずや金といった鉱物は原材料として不可欠です。ディ・エム・シーでは、取締役製造管理部長を最高責任者とした紛争鉱物への対応体制を全社で構築し、紛争鉱物の不使用に取り組んでいます。全てのサプライヤーから紛争鉱物に関する情報を収集するとともに、可能な限り武装勢力の資金源となっていないことが確認された製錬所から調達するよう要請しています。調査ツールとして、RBAおよびGeSIが開発した「コンフリクト・ミネラル・レポーティング・テンプレート(CMRT)」を使用し、2018年度は、購入先96社に対する調査で、92.7%を回収しました。 現在、武力勢力の資金源となっている鉱物と判明したものはありません。


TOPICS

日ごろから協力会社との連携に重きをおき、高品質で安心・安全な製品を提供に努めています。

製造管理部 生産管理課
生産計画グループ
小林 宏樹

当社では特定のタッチパネル製品のアッセンブリ(組み立て)や液晶ディスプレイとの貼り合わせを協力会社に委託しています。委託とはいえ、当社の製品として市場に送り出す以上、協力会社の方にも当社と同じクオリティの製品を提供してもらうために、技術のみならず意識レベルも等しく保持してもらう必要があります。当社が得意とする少量多品種生産型のカスタマイズ製品は、製品に関する密な情報共有が非常に重要になってきます。安定した品質を継続できるよう定期的に協力会社に出向き、研修や指導などを行っています。また、製品の検査データも当社で確認し、品質に問題が見られた場合には、工程確認をはじめ、不良が発生した根本的な原因の特定、協力会社への改善指導を行い、恒久的な対策を打つようにしています。今後も協力会社との連携をより深め、高品質で安心・安全な製品を提供するための取り組みに加え、環境や労働安全などにも配慮した協力会社への働きかけも強化し、サプライチェーン全体で持続可能な社会実現に貢献できるよう努めていきます。

  • CSRレポート

    信頼に技術で応えるタッチパネル専業メーカーとして、地域・社会の進歩発展に貢献します。

  • 経営とCSR

    社会/地球環境/従業員にとって、より良い企業になるよう持続可能で健全な経営努力を続けています。

  • 製品の安心と安全

    高品質かつ安心/安全な製品をお客様や最終製品のエンドユーザーにご提供できるよう取組んでいます。

  • ガバナンス

    経営方針のもと、コーポレート・ガバナンスが有効に機能する環境としくみの構築に努めます。

  • 公正・公平な取引

    高品質の製品を提供する為に、世界各国の取引先と協力/信頼関係を築き、公正な取引を行っています。

  • 人権の尊重と労働慣行

    人権・個性を尊重し、安心/安全で快適な職場環境の整備を行い、適正な労働慣行維持に努めています。

  • 環境保全

    環境問題を企業として取り組む課題と認識し、事業活動で環境に配慮した取り組みを推進しています。

  • 地域社会への貢献

    いい社会づくりに向け、社会貢献や格差がない社会実現のための活動を実施しています。

  • GRIスタンダード対照表

    GRIサステナビリティ・レポーティング・スタンダードを参照、関連する情報掲載箇所を示しています。