USE-SCENE
タッチパネル利用シーン
FEATURES

医療・ヘルスケア


人々の健康管理、医療の発展に向けた研究・開発を支える

創薬研究

高画質な映像/精密なタッチ操作


新しい創薬ターゲットの同定や、病気の発生メカニズムを研究する上で、分子メカニズムの解明や解析をタッチパネルテーブルで行うことができます。機器の設置スペースに限りがある研究室で、研究内容をその場でメモや議論で資料を表示したり、細かく見えにくい部分を拡大表示するなど、自動的に保存された研究内容で研究時の情報共有にも役立ちます。清潔感、光透過率が高く、視認性がよいタッチパネルで高画質な映像で操作することができます。

PICK UP

静電容量方式タッチパネル
DUS-Mシリーズ
大型ディスプレイモデル

臨床現場

清掃・清潔性と耐久性を両立


正確な判断と迅速な処置を行う医療現場において、レントゲンや電子カルテ、手術・検査機器等、手袋をしたままでの操作や清掃性は必要不可欠。表面がガラスのタッチパネルを使うことで、衛生面・メンテナンス性を両立。水分・油分を弾き、汚れの染み込みもありません。フラットサーフェースで汚れたら さっと拭くだけ。お手入れも簡単です。耐久性の高い優れた機能性を提供できます。

PICK UP

静電容量方式タッチパネル
DUS-Aシリーズ
スタンダードガラスモデル

分析化学分野

手袋使用と精度の高いタッチ検出


化学成分の解析や、分離方法の確立を研究する分析化学分野において、正確な試料の見積と柔軟で直感的に判断は現状を把握する為には必要不可欠。DMCのタッチパネルなら、独自開発のタッチパネルコントローラで現場で求められる精度の高いタッチ検出を環境ごとに行うことができます。精密な実験において手袋の厚みに合わせた感度調整をお客様ごとの環境に合わせてご提供しています。

PICK UP

静電容量方式タッチパネル
DUS-XFシリーズ
スタンダードフィルムモデル

手術現場

タッチとペン操作でPCレスを実現


電子カルテへの記入、画像や動画への指示や所見の書込みまで、手術業務の向上を実現。外部からの術者や指示や患者へ説明の見える化等、症状のポイントをわかりやすく説明することで術者への教育や患者の顧客満足度の向上を支援することができます。キーボードやマウスを置く場所が無くても入力作業ができるので、省スペースな環境でもご利用可能です。直感的に絵を描くこともできます。

PICK UP

静電容量方式タッチパネル
DUS-Aシリーズ
スタンダードガラスモデル

診療現場

インフォームド・コンセントでの活用


タッチパネルを使えば、電子カルテ自体の操作はもちろん、患者毎に異なる症状を描いたスケッチを診療記録として残す事が可能です。再診時に振り返りやすい診療記録として、正確で解りやすいインフォームドコンセントを実現、診察室での医師と患者の診察シーンにおいてポイントの見える化を実現。病状・症状などを理解しやすく説明する事で満足度向上を支援できます。

PICK UP

静電容量方式タッチパネル
DFSシリーズ
ダブルライトガラスモデル
RECOMMEND

清掃性・耐久性に優れた
「静電容量方式」がおすすめ

医師や看護師が治療時に使用する医療設備機器や検査装置の操作端末は、表面がガラスで薬品等がついても故障の原因にならない、投影型静電容量タッチパネルがお勧めです。医療用でレントゲン写真などの画像を映し出す用途には、より高精細な画像品質が求められます。透過率の高い投影型静電容量タッチパネルがお勧めです。

静電容量方式タッチパネル
シリーズラインナップ
DUS-Aシリーズ
スタンダードガラスモデル
DFSシリーズ
ダブルライトガラスモデル
DUS-XFシリーズ
スタンダードフィルムモデル
DUS-Vシリーズ
カバーガラス一体型モデル
DUS-Mシリーズ
大型ディスプレイモデル