USE-SCENE
タッチパネル利用シーン
FEATURES
金融・流通・交通

生活に欠かせない、ライフラインの基幹システムを支える。

流通分野

細かな販売管理と高い生産性を実現


物品販売の売上実績を単品単位で集計するPOSシステム(販売時点情報管理 - Point of sale、略称POS)にタッチパネルが使われています。主に、スーパーやコンビニ、薬局、アパレル・外食産業、ガソリンスタンド、ホテルなどで導入され、年々その機能が進化していますが、近年はその簡易版が一般商店などにも普及しています。

PICK UP

抵抗膜方式タッチパネル
MTR-Gシリーズ
ジェスチャーモデル

金融分野

ATMとのデータ連携


来店者数/属性計測/動線分析を活用した混雑予測による店舗内業務効率化/CS向上による業務効率化、AI活用による各種金融サービスの提供、情報データ収集/分析による顧客満足度向上など金融サービスの提供に必要な情報受付窓口としてタッチパネルが活躍しています。不特定多数が触る端末における抗菌処理や、メンテナンス性の高いタッチパネルをご提供しています。

PICK UP

抵抗膜方式タッチパネル
LSTシリーズ
軽荷重タッチモデル

航空・空港分野

両替やチケット発行等様々な取扱をサポート


世界の玄関口、空港で扱うKIOSK端末でのチケット発行やインフォメーション案内、ATMなどでの両替や相場情報の確認、預貯金口座への預け入れや現金の引き出し、残高照会、振替や振込などに加えて、飛行機の計器操作盤やシートモニターなど様々な業務をタッチパネルが支えています。

PICK UP

静電容量方式タッチパネル
DUS-XFシリーズ
スタンダードフィルムモデル

交通分野

多種多様な切符を分かりやすく提供


乗車券・特別急行券・乗船券・航空券・入場券・食券等の切符、チケットなどの券類を売る自動販売機でもタッチパネルは使われています。切符の行き先や列車の種類によって複数の種別を1台で販売でき、商品別のご案内情報の表示やメニューの頻繁な入れ替え、価格改定を容易に行うことができます。

PICK UP

静電容量方式タッチパネル
FSTシリーズ
高耐久スクエアモデル
RECOMMEND

コスパ重視なら「抵抗膜方式」

ATMや券売機など、画面のボタンを入力して操作する端末には、確実な1点入力が可能な、抵抗膜方式のタッチパネルがお勧めです。押すことで入力できる抵抗膜方式タッチパネルは、入力媒体を選ばないため、ユーザーが手袋をしていても操作が可能です。

抵抗膜方式タッチパネル
シリーズラインナップ
AST-ATPシリーズ
スタンダードモデル
QSTシリーズ
マイクロドットモデル
FSTシリーズ
高耐久スクエアモデル
RECOMMEND

清潔感・高級感を出すなら
「静電容量方式」

自動券売機、KIOSK、セルフレジ端末など、店員ではなくユーザーが使用する端末は、より高級感を出すため、透過率が高く、フラットなベゼルインターフェイスを構築できる、投影型静電容量タッチパネルの採用が増えています。飲食店で使用される券売機やセルフメニューオーダー端末は、料理の写真をよりきれいに見せるため、透過率の高い投影型静電容量タッチパネルがお勧めです。

静電容量方式タッチパネル
シリーズラインナップ
DUS-Aシリーズ
スタンダードガラスモデル
DUS-Vシリーズ
カバーガラス一体型モデル
DUS-Mシリーズ
大型ディスプレイモデル